【就職博の評判・口コミ】最新!6月6日体験レポートつき

目次

  1. 就職博とは
  2. 例年の開催概要
  3. 就職博のプログラム内容・体験レポート
  4. 当日の雰囲気や持ち物について
  5. メリットとデメリット
  6. 参加方法
就職博の最新体験レポート紹介

就活生の多くが参加する「合同企業説明会」。読者のなかにも参加したことがある人が多いのではないでしょうか。

合同企業説明会と聞くと、大手ナビサイトが運営する、幕張メッセや東京ビッグサイトなどでおこなわれる大規模なイベントを想像する方も多いかもしれません。
この記事では、「あさがくナビ」が運営する合説『就職博』について解説をしていきます。

実際に就職博に参加した学生による体験レポートや口コミ、メリット・デメリットも紹介していきますので、イベント参加を迷っている方はぜひ参考にしてください。

就職博とは

就職博は、「あさがくナビ」を運営している「株式会社学情」が主催する合同企業説明会です。

毎年3月下旬~10月までのあいだ、仙台・東京・名古屋・大阪・京都・九州の主要6都市を中心に開催されています。

就職博がはじめて開催されたのは1981年です。当時、日本初の合同企業セミナー「就職博」として実施されました。これまでの参加企業数は累計7,000社、来場学生数は累計20万人以上と、ともに業界最大規模を誇るイベントとなっています。就職博は、多数の出展企業と来場する学生を結びつけるイベントなんですね。

就職博を主催する「学情」について

就職博を運営している株式会社学情は、就職情報を主に取り扱っている会社です。
最も有名なサービスとして、就職博の主催でもある「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」を運営しています。

また、学情は東証一部に上場し、経団連にも加盟しています。あまり知られていないかもしれませんが、実は朝日新聞社や大手の金融機関などが資本を出資しています。
あさがくナビの他にも、若手社会人を視野に入れた20代のための転職サイトである「Re就活」を運営しています。

例年の開催概要

就職博は、どのような地域でどれくらいのペースで開催されているのでしょうか。2018年度のスケジュールを紹介しましょう。

就職博は、全国各地で開催されています。2018年度は、札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡など13地域で開催されました。

開催スケジュールは、3月中旬から10月の中旬までおこなわれています。2018年度のスケジュールでは基本的に平日に開催されていました。
2日連続で開催されるケースが多く、なかには2日目に予約制の面談会・選考会を開くところや、理系就職博を併催する地域もあります。

2018年度の開催地域と日程一覧

  • 5/17(木)
  • 【北海道】
  • アスティ45
  • 5/18(金)
  • 【北海道】
  • アスティ45
  • 5/29(火)
  • 【宮城】
  • イベントホール松栄
  • 5/30(水)
  • 【宮城】
  • イベントホール松栄
  • 7/17(火)
  • 【宮城】
  • イベントホール松栄
  • 7/18(水)
  • 【宮城】
  • イベントホール松栄
  • 3/27(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 3/28(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 4/10(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 4/11(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 4/24(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 4/25(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 5/10(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 5/11(金)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 5/22(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 5/23(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/5(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/6(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/26(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/27(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/28(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 7/11(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 7/12(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 7/24(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 7/5(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 8/7(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 8/8(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 8/28(火)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 8/29(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 9/13(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 9/14(金)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 9/26(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 9/27(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 10/10(水)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 10/11(木)
  • 【東京】
  • 新宿エルタワー
  • 6/12(火)
  • 【神奈川】
  • 横浜新都市ビル(そごう横浜)
  • 6/13(水)
  • 【神奈川】
  • 横浜新都市ビル(そごう横浜)
  • 3/19(月)
  • 【岐阜】
  • 岐阜じゅうろくプラザ
  • 3/22(木)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 3/23(金)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 4/24(火)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 4/25(水)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 5/23(水)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 5/24(木)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 6/25(月)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 6/26(火)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 7/26(木)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 7/27(金)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 8/23(木)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 8/24(金)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 9/19(水)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 9/20(木)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 10/29(月)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 10/30(火)
  • 【愛知】
  • ウインクあいち
  • 3/9(金)
  • 【三重】
  • アスト津
  • 3/12(月)
  • 【滋賀】
  • クサツエストピアホテル
  • 3/13(火)
  • 【滋賀】
  • クサツエストピアホテル
  • 5/15(火)
  • 【滋賀】
  • クサツエストピアホテル
  • 5/16(水)
  • 【滋賀】
  • クサツエストピアホテル
  • 3/21(水・祝)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 3/22(木)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 4/16(月)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 4/17(火)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 5/10(木)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 5/11(金)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 6/7(木)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 6/8(金)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 7/19(木)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 7/20(金)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 8/20(月)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 8/21(火)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 9/10(月)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 9/11(火)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 10/4(木)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 10/5(金)
  • 【京都】
  • メルパルク京都
  • 3/26(月)
  • 【大阪】
  • グランフロント大阪
  • 3/27(火)
  • 【大阪】
  • グランフロント大阪
  • 4/11(水)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 4/12(木)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 5/7(月)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 5/8(火)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 5/23(水)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 5/24(木)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 6/4(月)
  • 【大阪】
  • グランフロント大阪
  • 6/5(火)
  • 【大阪】
  • グランフロント大阪
  • 6/21(木)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 6/22(金)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 7/9(月)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 7/10(火)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 7/25(水)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 7/26(木)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 8/21(火)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 8/22(水)
  • 【大阪】
  • ハービスOSAKA
  • 9/6(木)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 9/7(金)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 9/25(火)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 9/26(水)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 10/15(月)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 10/16(火)
  • 【大阪】
  • 梅田センタービル
  • 3/22(木)
  • 【兵庫】
  • 神戸サンボーホール
  • 3/23(金)
  • 【兵庫】
  • 神戸サンボーホール
  • 5/15(火)
  • 【兵庫】
  • 神戸サンボーホール
  • 5/16(水)
  • 【兵庫】
  • 神戸サンボーホール
  • 3/23(金)
  • 【広島】
  • NTTクレド基町ビル
  • 3/28(月)
  • 【広島】
  • NTTクレド基町ビル
  • 4/19(木)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 4/20(金)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 5/17(木)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 5/18(金)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 6/19(火)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 6/20(水)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 7/19(木)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 7/20(金)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 8/23(木)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 8/24(金)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 9/18(火)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 9/19(水)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 10/25(木)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡
  • 10/26(金)
  • 【福岡】
  • アクロス福岡

参考:企業向け/就職博|学情の新卒採用イベント(2018年6月1日時点)

過去の参加企業(一部)

  • アサヒビール
  • ANA(全日本空輸)
  • エイベックス・グループ・ホールディングス
  • オリエンタルランド
  • 加賀電子
  • JR東日本(東日本旅客鉄道)
  • 住友商事
  • 東海テレビ放送
  • 東急ハンズ
  • 東京都庁
  • バンダイナムコゲームス
  • ぴあ
  • ホテルグランヴィア大阪
  • ホリプロ
  • Honda(本田技研工業)
  • 三菱東京UFJ銀行
  • リコー

参考:就職博 (合同企業セミナー・合同会社説明会)

就職博のプログラム内容・体験レポート

ここからは、2018年6月6日に実際に就職博を体験した学生による体験レポートを紹介します。


  • 日にち…2018/6/6

  • 時間…10:30~17:00

  • 場所…新宿エルタワー 30F サンスカイルーム

  • 住所…〒163-1530 東京都新宿区西新宿1-6-1

  • アクセス…JR、地下鉄、京王、小田急、西武新宿線「新宿」駅より徒歩約1~2分

就職博は、複数の企業が参加する合同企業説明会です。したがって、参加企業の数だけ企業ブースがあり、基本的に学生はその各ブースをまわっていくというプログラムになります。

企業ブース以外にも、講演・セミナーがおこなわれているほか、就活相談ができるコーナーなどもありますので、ただ一方的に話を聞くだけでなく1つのイベントに参加するだけでさまざまな経験値をつむことができそうです。

①企業ブース

6月6日は、83社もの企業が出展していました。

以下はその中の一例です。
・明治安田生命保険
・王将フードサービス
・トランスコスモス(情報処理/サービス)
・サクラ食品工業
・アルティア(自動車関連メーカー)
・巴商会(化学)
・東京シティ信用金庫
・東京消防庁
・レバレジーズ(就活支援)。
上記を見てみると、一度は耳にしている大手の有名企業をはじめ、中小企業やベンチャー企業など隠れた優良企業や、公務員を募集しているところもあります。

このほかにも、採用活動をおこなうだけでなく逆に学生から「就職に関する相談を受け付けている」企業ブースもありました。
ブースでの説明内容は企業によりますが、企業情報、事業内容、仕事内容、選考フォローはどこの企業も説明してくれることが多いです。

注目すべきは、特別選考フローと称して一次面接などの一部の選考ステップをパスすることができる企業もあることです。たとえば、通常の選考では「会社説明会→一次面接→最終面接→内定」というステップが、この就職博に参加することで「就職博参加→最終面接→内定」などと、ショートカットすることもできるのです。 少ない面接回数で内定が決まるので、忙しい就活生にとっては非常にありがたい配慮ですね。

②講演・セミナー

6月6日の就職博では、「就活応援講座」と「就活応援ミニ講座」という2つのセミナーが行われました。

「就活応援講座」
・時間…10:30~11:00
・場所…講演コーナー
・内容…「まだ間に合う!今、積極採用している優良企業の探し方!」

就活応援講座は、座席に限りがあるため先着順でした。
この日は、就活も終盤に差し掛かっている時期でもあり、講座の内容は「まだ間に合う!今、積極採用している優良企業の探し方!」という内容でした。
就活終盤である6月~7月は、すでに募集を終了している企業もあるかと思いますので、まだ希望の企業から内定をもらっていない学生には、有益な情報だったのではないでしょうか。

「就活応援ミニ講座」
・時間…14:00~14:20、16:00~16:20
・場所:就活相談コーナー
・内容(開始時間によって異なります)
・14:00~「面接官はココを見ている!1次面接突破の必勝法とは?」
・16:00~「油断禁物!最終面接で絶対やってはいけないNG行動」

就活応援ミニ講座は、相談ブースで開催される少人数のセミナーです。

講座で教えてくれるのは、就職博を主催する学情のスタッフさんです。面接に受かるためのノウハウや、注意するべきことなどを、分かりやすく丁寧に教えてくれます。
もちろん質問も受け付けていますので、セミナーがためになるだけでなく、自分が気になっている疑問を解消することもできます。

どちらのセミナーも、ためになる情報を得られる絶好のチャンスですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

③就活相談コーナー

会場には、就活相談コーナーというコーナーもあります。こちらではプロのアドバイザーによる就職相談を受けることができます。
業界や企業について、面接の受け方、エントリーシート・履歴書の書き方など、就活に関する質問ならなんでも相談にのってくれます。
また、セミナー(就活応援講座など)で講師を務めた方が相談を受け付けていることもあるので、セミナーの内容で分からないことを聞くのも良いでしょう。

④豆知識:特典について

6月で就職活動もピークに差し掛かってくると、移動費や宿泊費など金銭的な負担が増えてくるのではないでしょうか。
そんな悩みを解消してくれるのが、就職博の「就職活動助成金」という制度です。

「就職活動助成金」は、1日に指定された数の分だけブースを訪問すれば、なんと最大で7000円分のギフト券がもらえるという制度なんです。
※この制度がない回もありますので、特典の有無は公式ホームページでご確認ください。

【特典詳細】
1日に5社訪問すると5000円分、7社以上訪問すると6000円分のギフト券が贈呈されます。さらに先着100名様には+1000円分上乗せされます。

【特典の受け取り手順】
1.ブースを1社訪問につき、1枚訪問シールがもらえます。
2.当日にもらえる来場者アンケートにシールの貼付欄がありますので、そこに規定の数の分(5枚、もしくは7枚)シールを貼ります。
3.会場を出る際にアンケート提出コーナーにてアンケート用紙を提出します。この際に受付・企業訪問カードと学生証を提示する必要があります。
4.アンケート用紙と引き換えにギフト券を受け取ります。

【特典の受け取りに必要なもの】
・受付、企業訪問カード
・学生証
・当日もらえる来場者アンケート用紙に訪問シールを規定の数貼ったもの

当日の雰囲気や持ち物について

ここまで、就職博のイベント内容や特典について説明をしてきました。さらに気になるのは、イベント当日の雰囲気ではないでしょうか。

「夏場は上着を着て行かなければいけないのか?」
「新卒だけでなく、既卒でも参加していいいのか?」
「運営スタッフさんは親切か?」
など、参加してみないとわからない当日の雰囲気は非常に気になりますね。

ここからは当日の雰囲気について、①参加学生、②服装、③会場内の雰囲気という3つの観点からレポートしていきます。さらに当日参加にあたっての④持ち物、⑤交通費や参加費についても説明します。実際に参加するときの参考にしてみてください。

①参加学生について

参加者は、新卒向けのイベントなので、新卒の学生が多かったです。ただ、ほとんどの企業では既卒の募集も受け付けていましたし、既卒の方も何名か参加していました。
やはり就活イベントという内容なので、真面目でおとなしい方が多い印象です。特に意欲が高く企業ブースの説明内容を熱心にメモする学生もいました。すでに内定をもらっているけど、ほかにも選考を受けてみようかと参加している学生もいました。

②服装について

6月6日は、そろそろ夏に突入する時期ということもあり、主催側がクールビズスタイルでの参加を推奨していました。
ただ、まだ6月でちょうど梅雨入りしていたため、参加者は上着を着ている学生が多く見受けられました。また、ごくわずかですが私服(カジュアルスタイル)で来場していた学生もいました。

③会場内の雰囲気

就職博は、企業毎にブースがわかれていて説明は少人数でおこなうため、質問は気軽にできる雰囲気でした。タイミングがよければ、1対1での個別説明を受けられることもあるので、たくさん質問できるところも就職博の魅力の一つです。

また特徴として、参加企業の担当者だけでなく、就職博の運営スタッフの対応も非常に丁寧でした。
たとえば「ITに興味があるけどどこに行けばいいのか分からない」ときにはITの企業をいくつか紹介してくれたり、「あの○○株式会社(有名企業)の説明を受けたい」ときに、その企業の出展の有無を調べてくれたり、就活生の悩みや要望にその場で対応してくれます。

実際に、ITの企業の説明を聞きたいけど、どんな企業があるのか分からないときにスタッフさんに尋ねたところ、スタッフさんが、いくつかのソフトウェア開発を行っている企業を紹介してくれました。

④当日の持ち物

・受付、企業訪問カード
・学生証(前述の特典の受け取りに必要)
・・来場スタンプカード(持っている方のみ)
・スーツ(時期によってはクールビズスタイルもOK)

⑤交通費・参加費

・交通費の支給はありません。
・参加費は無料です。

メリットとデメリット

ここまで、参加学生による体験レポートを中心に解説しましたが、ここからはより多くの学生の声をまとめて「メリット・デメリット」を紹介していきます。

就職博に参加することで、どのような価値を得られるのか、不安や疑問を解消できたかどうかなど、ぜひ参加の判断材料にしてください。

メリット

メリット

  • 会場がそこまで広くないため、ブースを周りやすい
  • 参加企業の業界や規模が幅広いので視野が広がる
  • セミナーで実際に役に立つような内容を教えてくれるのでタメになる
  • 志望企業のほかに、同業他社の話を聞けたので企業研究に役に立った
  • 実際の企業の雰囲気を、一度にまとめて知ることができるので、ESの提出先を決める参考になった
  • スタッフさんや就職アドバイザーさんが直接相談を受け付けているので、自分の志向にあった企業を見つけやすい

デメリット

デメリット

  • 都市部以外の就活生にとっては、参加できる日程や会場が限られる
  • 特に人気企業では、参加学生の人数が多くて質問ができないことがある
  • スマホが必須のように感じるため、持っていない人から見ると不便さを感じる
  • 参加企業の中には、連絡が取れない(返信のメールが来ない。電話もつながらない)ところもあった
  • 参加企業による声かけが強引なことがある
  • 志望企業をしぼっている学生にとっては、得られる情報が少ない

就活イベントにはいろいろなタイプのものがあり、就活生がどういう目的で参加するかによって、満足度もまったく変わります。そのため、イベント参加を有意義なものにするには、客観的なメリット・デメリットは把握しながらも、まずは自身のいまの課題や、何を求めてイベントに参加するのかという目的意識を持つことが大切です。

主要都市を中心に開催されているため、地方学生にとっては行きづらいというデメリットはありますが、注目のイベントであることは間違いありません。大型の合説では得られないメリットも多くあります。
過去実績ではANAやオリエンタルランドなど、人気企業ランキングでも上位を占める企業が集結するイベントなので、「視野を広げたい」「自分の可能性を見つけたい」と考えている学生にはピッタリなのではないでしょうか。

参加方法

参加にはあさがくナビの会員登録が必要です。登録がお済みでない方は公式ホームページより会員登録をおこなってください。
予約は不要です。ただし、事前にホームページから参加予約(エントリー)をしておくと、いち早く出展企業の情報が見ることができます。

↓↓エントリーはこちらから↓↓
就職博の日程一覧

このイベントの口コミを読む

Male icon
北星学園大学、男性、2018卒
2018/08/21 (北海道)
私が行ったときは周りの人はおとなしい人が多かったです。企業からの説明はとてもわかりやすくプロのアドバイザーによる企業紹介が受けられて何回も企業の方と個別相談を受けることができました。イベントで周りにたくさんの人がいると緊張してしまったり志望業界は固まっているので、それ以外の会社の説明をきくのはイヤという人やまずはこちらの話をきいてほしいと思う方は実際行ってみたら変わりますよ。学生が費用を請求されることは一切ありません。私が行ったときは無料でした。
Female icon
愛知教育大学、女性、2018卒
2018/08/21 (愛知県)
参加していた学生は友達ときている学生もいれば、自分のように一人で来ている人もいました。その割合は半々くらいでした。ほとんどの人がスーツで来ていましたし、髪の毛や身だしなみが目立つ人はいなかったので、就活が本格的に始まっていて周りの人も気合を入れてきているのだなあと感じました。企業の人たちは思ったよりも親身になって話を聞いてくれて、就活の相談に乗ってくれたりもしました。参加した学生の中には、企業の人と名刺を交換しているひともいて自分はそういったことがなかったので少し焦りました。
Female icon
神戸学院大学、女性、2019卒
2018/08/21 (大阪府)
私はもともと就職に対して、意識が低い人間でしたので他の学生さんは内定をもらったが他の企業の面接にも受けようかと考えて参加している方が多かったと感じます。また、5月という中途半端な時期でしたので、学生自体は少なかったと思います。就活解禁時の合同説明会に参加していた人数と比べると全然いなかったですね。それに対して企業は積極的になってて、どんどん採用したいとの意欲が伝わってきました。イベントの運営さん自体も積極的でしたよ。
Female icon
神戸市外国語大学、女性、2019卒
2018/08/21 (大阪府)
真面目な生徒が多い印象で、何人かその場で話しました。あまり詳しく覚えていないのですが、確か国公立大学限定のイベントだったのでそういう傾向にあったのだと思います。学生はほぼみんなスーツを着ていて、熱心にメモをとっている人も多くみられました。自動車産業界のイベントで海外進出も進んでいるはずなのに、あまり国際感のないイベントだと思いました。基本的にはアットホームで規模も大きくなく、他のイベントであるような迷子になることもなかったです。
Female icon
多摩大学、女性、2019卒
2018/08/21 (東京都)
幕張メッセや東京ビッグサイトなど大きい会場で行われる合同説明会のキャパシティーを小さくした感じと言ったらイメージがわくと思う。人気の企業はアニメーションとコーヒーメーカーの企業で、立ち見の学生が数人いるところが人気なのかなと感じた。自分がどこに行こうか悩んでいるときに、企業ブースの人事の方が「良かったら説明聞いていきませんか。」と声をかけてくださったり、運営スタッフが「何かお困りですか。」を聞いてくる。人事の方のお言葉に甘えて説明を聞いていくという予定外のこともあったが、本心では御社以外にも行きたいところあるからちょっと待っててくれという気持ちだった。中には、すでに選考に進んでいる企業もあり、その企業から「説明会良かったらどうですか。」と声をかけられたときは、「もう聞きました。」と笑いながら言ったら、「ありがとうございます。」と御礼を言われた。 企業ブースでは新卒以外にも既卒の方(見た中では1名)がいたのが意外だった。ただみんなスーツ着ているので、全員新卒かと思った。
口コミをもっと見る(7件)