2019/3/22 更新

ジョブラスリアルの評判とは?参加した学生の体験談つきで徹底レビュー!

★ ★ ★ ★ ★
★ ★ ★ ★ ★
4.0
Jobrassreal
全般個別相談業界研究・企業研究合同説明会金融メーカー商社IT・通信広告・マスコミインフラ・交通小売・流通公務員・団体職員旅行・観光その他全般
「JOBRASS」という逆求人型の求人サイト運営が主催する企業研究・業界研究イベントです。 中規模のイベントのため、大規模のイベントよりブースごとの移動しやすく、余裕を持って動くことができるようです。

イベント概要

ジョブラスリアルは総合求人サイトAIDEMが運営する「企業からオファーがくる求人サイト JOBRASS」が主催する企業研究・業界研究イベントです。セミナーや企業ブース、企業講演などイベント内容が充実している他、本格的な就職活動解禁前に開かれることが多ので、就職活動がどんなものかをチェックするのにおすすめのイベントです。

概要

ジョブラスリアルは「JOBRASS」という逆求人型の求人サイト運営が主催する企業研究・業界研究イベントです。2018年では2月東京で2回、大阪で2回、開催されました。参加企業数は1回のイベントで70~80社ほどと中規模のイベントです。
本格的な就職活動解禁前のイベントのため、参加している学生は「就職活動の雰囲気をつかみに来ている」という方が多く見られます。
中規模のイベントのため、大規模のイベントよりブースごとの移動しやすく、余裕を持って動くことができるようです。
イベントの雰囲気は落ち着いた感じで、企業との距離も近く気軽に質問したりブースに入ったりできます。

主催JOBRASS(AIDEM)について

JOBRASSは総合求人会社の株式会社AIDEMが運営している新卒用求人サイトです。
JOBRASSでは学生から企業にエントリーするのではなく、学生がプロフィールを充実させそのプロフィールを見た企業から学生にオファーが来るという普通の就職活動とは逆の形式をとっています。
また、就活のイベントやセミナーだけでなく就職相談も受け付けています。

開催概要

ジョブラスリアルは本格的な就活活動解禁前や解禁直後に開催されるイベントです。2018年では2月に、2015年では3月初旬に、2016年では12月に開催されています。
ジョブラスリアルは地方に出向くことが少なく、開催された地域は東京・大阪のみのようです。

過去の開催地域と日程

  • 2018.2.3
  • 【東京】
  • ベルサール渋谷ファースト
  • 2018.2.4
  • 【東京】
  • ベルサール渋谷ファースト
  • 2018.2.10
  • 【大阪】
  • ハービスHALL
  • 2018.2.11
  • 【大阪】
  • ハービスHALL

当日のプログラム

当日は受付を済ませた後、企業ブースの訪問やミニ就活セミナーをそれぞれで周っていくことになります。会場によっては通路が通りにくかったりするため、最初に案内マップを確認し、どのように周るか考えてから動く方が効率的に周れます。

企業ブース

ジョブラスリアルでは会場の1ブロックに企業がそれぞれブースを設けています。ブースは業界ごとに固まっているので、学生はそれぞれの企業ブースを訪問して説明を聞きます。説明時間は、企業にもよるものの20分~50分程度と他の就職活動イベントよりやや説明時間が長い場合があるようです。興味のない企業の説明に時間を使ってしまった、とならないように、興味のある企業を絞ってブースを訪ねましょう。
また、中規模のイベントのため大きなイベントより各ブースに入りやすく、企業側もフレンドリーに話しかけてくれる場合が多いようです。

就活セミナーコーナー(一部の会場のみ)

就活セミナーコーナーは、企業ブースと同じ会場の一角に設けられています。就活セミナーとして「自己PRの作り方」や「エントリーシートの対策講座」などがおこなわれており、事前予約なしで受講することができます。1回のセミナー時間は約40分程度で、1日5回実施されているので時間のある方は受講してみましょう。
各セミナー前に会場にアナウンスがかかるようですが、先着順のため早めに行動してください。

企業講演(一部の会場のみ)

ジョブラスリアルでは企業講演も開催されています。有名企業や大手企業が、会場の一角で約40分の講演をおこないます。就職活動イベントの講演会としては珍しく予約なしで参加することができますが、先着順で整理券が配られるため、早めに企業講演コーナーに到着しておく必要があります。整理券の配布は各講演の30分前からなので、気になる企業がある場合は30分以上前に到着しておきましょう。

就活相談コーナー

当日の様子

ジョブラスリアルは就職活動が本格的に始まる前に開催されることが多いため、「就職活動がどのようなものか体験してみる」といった目的で参加している学生が多いようです。会場によっては企業ブースで説明を聞くだけでなく、有名企業の講演や就職活動セミナーを受けることができます。

持ち物・服装

持ち物
筆記用具
スケジュール帳
メモ帳
クリアファイル
スマートフォン

服装
自由(公式ホームページではスーツがおすすめと記載)

交通費・参加費

交通費:なし
参加費:無料

メリットとデメリット

ジョブラスリアルは参加企業が70~80社と多すぎず、学生も余裕を持って企業ブースを周ることができます。また、企業側もフレンドリーな方が多く、ブースに訪れやすく質問しやすい環境が整っています。
しかし、たくさんの企業の説明を聞きたいという場合には不向きなイベントです。

メリット

メリット

  • 企業ブースごとの移動がしやすい
  • 小規模のイベントで待ち時間が少ない
  • 企業との距離が近い状態で説明が聞ける
  • 就活に関する相談もできる

デメリット

デメリット

  • 企業数が大規模な合同企業説明会より少ない
  • 参加シートへの記載が大変

参加方法

ジョブラスリアルのイベントページで申し込みが必要です。「Realtap」という受付システムで受け付けをおこなっているため、JOBRASS新卒のID・PASSは必ず控えておきましょう。
下記URLにアクセスし、JOBRASS新卒のID・PASSをご入力ください。
▼受付システム Realtap
http://jobrass.jp/realtap_tokyo180204

ジョブラスリアルのイベントページで申し込み→JOBRASS新卒のIDとPASSをメモ
当日は、受付システム「Realtap」にアクセス(URLはイベントページの下に記載)→JOBRASS新卒のIDとPASSでログイン

ジョブラスリアルの口コミ評判・詳細

Female icon
投稿者 : 匿名
性別 : 女性
卒業年度 : 2019年度
学校名/学部 : 京都精華大学/紙・印刷・パルプ・繊維, 広告
評価 : 
★ ★ ★ ★ ★
★ ★ ★ ★ ★
4.0
イベント全体や参加学生の雰囲気について
規模の大きい合説に比べると、参加者も落ち着いて移動できるからか、全体的には落ち着いた雰囲気でした。また、企業の方に話しかけやすい距離だったため、積極的に就活に挑みたい、情報を仕入れたいと思う学生は自分から質問などをしやすく、そういった学生も多かったように思います。企業側もフレンドリーな感じで、気楽にブースに入れました。本格的な情報解禁前のイベントだったため、今から就活を始めようかと、雰囲気を掴みに来た学生もいました。
良かった点・メリット
会場の規模がインテック等と比べて小さいので、目的のブースに行くために長距離移動しなくても良いというところ。また、それに応じて参加人数も少ないため、割と人気のある企業の説明も待ち時間なく聴きやすい。個人的に、他の合説と比べて、企業の方との距離が近かった。
悪かった点・デメリット
中規模な分、参加企業も偏ってくるので、ある程度志望業界を絞って、その業界だけの企業をたくさん見たい、と思った時にはあまり向いてない合説かなと思います。また、企業ブース参加ごとに参加シートのようなものを渡すことができるのですが、それの記入が面倒くさいと感じました。