「マッチングイベント」セミナー・イベントを探す

「マッチングイベント」セミナー・イベント

フィルターの条件
全て
マッチングイベント
6件中1〜6件表示
最終更新日:2022/09/06
今週
オンライン
沖縄(うちなー)の企業の採用担当者とざっくばらんに話をしませんか? 就職するにあたり、必要な企業情報や雰囲気、気になる点や不安なこと等が聞けるチャンスですよ!
注目
今週
オンライン
対象卒年:
2024年卒
種別:
就活セミナー

◯オファー率70%*!超人気イベントが今年も開催!
今回ご紹介するのは、商社/金融/メーカー/コンサルなど、人気業界の内定候補者がこぞって参加している超人気イベント「ジョブチャレ」です。
 
◯参加すれば非公開選考ルートも!?
「ジョブチャレ」には、採用決定権のある社長や人事責任者が参加します。
だから、参加したその日に特別オファー獲得!
イベント参加者の70*%が特別オファーを獲得しています。

ライバルたちよりも早く、人気・一流企業を中心とした“厳選企業”の選考を受けることが可能です。


特別イベントのため、開催はクローズド形式。各日程の参加企業は事前公開できませんが、前回までに、総合商社M社やIT大手C社も参加。商社/金融/広告/メーカー/コンサルなどの業界から、人事責任者をおよびしています。

今週
オンライン
◯東京都内の急成長IT企業の社長が集まるマッチングイベント『IT就活ターミナル』 『IT就活ターミナル』にはIT企業の社長が大集結! 東京都内のIT企業などが集まり、社長や採用責任者など経営陣自らイベントへ参加します。 採用責任者クラスが直接学生とコミュニケーションを取るので、 イベント参加後一週間程度で内定獲得も可能なマッチングイベントです。   ◯参加資格は東京都内のIT企業でエンジニア職に興味があるかどうかだけ! 過去参加者の8割は文系・未経験学生です! 『IT就活ターミナル』は、東京都内のIT企業のエンジニア職に興味がある方であれば、どなたでも参加が可能です。 過去参加者の8~9割以上は文系学生やプログラミング未経験の学生ですが、情報系学生も参加いただけます。 イベント参加企業は人柄重視で積極的な採用を行っています。 プログラミングを行ったことがなくても全然大丈夫! IT業界やITベンチャー企業、ITエンジニアに興味がある方、まずは業界研究したい方にもオススメ!
今週
<特別選考チケットをゲット>で早期内定を目指せるマッチングイベント 『「就活生が選ぶ」 理想の職場が見つかる就活エージェント第1位』*に輝いた新卒就活Plusが開催する、 地元福岡で活躍する企業5社が集まる選考直結型マッチングイベント。   ◯グループワークで選考の予行練習にも役立つ! 当日はグループワークを行います。グループワークはビジネス形式のものになっていてワーク後は各企業に向けてプレゼンも行います。このグループワークとプレゼンを各企業の人事担当者が評価し、順位もわかるので、現時点での就活力がわかります。 また、参加者全員、詳細なフィードバックシートももらえるため今後の就活にも役立てることができます。   このワークで企業に評価をされると、企業が気になる学生と個別面談ブースで面談を実施します。人事に評価をされると、特別選考チケットが手に入るチャンスもございますので、早期選考を狙うことができます。
◯スピード内定も狙える選考直結イベント「社長就活」 社長と対話し直接マッチングする【早期選考直結型】の就活イベントです。   就活生として社長に出会う確率は低く、最終選考も3-4社程度と言われています。 社長と直接対話することでダイレクトに社風を知ることができるだけでなく、早期特別選考スカウトを獲得し優位に進められるチャンスも!   対談中にマッチすればその場でスカウトを貰える可能性もあり、実際に過去参加者の多くが特別スカウトを獲得しています。
◯“たった1日で” グループディスカッション無双になれる対策イベント『デアイバ』 『デアイバ』で“GDが落ちなくなる”3つのポイント 1.最大10題のGDを実践!場数を踏んで自信が持てる イベント当日は、グループディスカッションを最大10題のお題で実践。 対面の選考はどうしても何度も経験して慣れることが重要です。1日のうちに、こんなにも実践できるイベントはなかなかありません。 「デアイバ」で場数を踏むことで自信が付き、グループディスカッションへの恐怖心がほぼなくなります!   2.人事が直接評価!本選考の空気感を体感できる 当日は最大15社の人事が参加し、本番同様の空気感のなかでグループディスカッションを体感できます。 お題ごとに人事から直接フィードバックを受ける時間を設けているため、人事からの視点であなたの実際の評価を直接聞くことも可能。 その場で改善と実践を繰り返し、グループディスカッションスキルが確実に身に付きます。   3.分析シートであなたの強みなど細かい評価が分かるから、表現力が身につく イベント終了後には、あなたの総合評価をレーダーチャートとタイプ別診断でお伝えします。 「論理性」「統率力(リーダーシップ)」「協調性(コミュニケーション力)」「発信力」や、動物に例えて、あなたの長所・短所、他者からの視点での評価が分かります。 自己分析や友人同士の他己分析では見つけられなかった「新たな自分」が見つかり、選考本番で「自分をどのように表現すれば良いか」などの方針も明確になるはずです。   ◯企業からのオファーで早期内定が狙える! イベント当日に参加する企業から直接オファーがもらえることも! 既に参加した多くの学生は1人あたり平均1〜2社のオファーを獲得しています。

ベンチャーから大手まで約20社とのオファーによるマッチングイベント。毎月土日に開催され、夏や秋は連続する土曜2日間参加で1セクション、または連続する日曜2日間で1セクションだったが、冬や春は短日でも良いようだ。毎回参加する企業は異なる。私の時は、シーナッツ、TKP、NTTDATA、イードア、公文、東京海上保険、凸版印刷、JCB、レイスグループ、ゼンショーHD、dip、いえらぶ、世田谷食品等が参加していた。 1社につき社員3〜5名で、ほぼ3名だった。人事や人事部長、社長が参加する企業もあった。各テーブルに座る学生は6〜5名。広い会場で20題のGWを8分タームでやりまくる。各お題につき最大2社(ほぼ1社ずつ)の人事が同じテーブルに座り、評価を行う。彼らにはiPadが配られており、画面を除くと私たちの顔と名前、オファーするかしないかのボタンが映っていた。恐らくタップすると、事前に提出した履歴書や自己PR、ガクチカが映ると予想する。デアイバの事前の連絡では、お題の内容は本番の就活に出るような内容、とあったが、実際にこなしたお題は「結婚するならどんな人がいいか」「今年のハロウィンの仮装は何にするか」等、優しいものが多かった。中には「学祭で出店するお店は何がいいか」「子供を私立、公立どちらの小学校に通わせるか」「(偉人の言葉)とあるが、どういう意味か」等、実際にありそうなお題もあった。オファーはもらいやすいイベントで、参加する企業のレベルも満足している。業界内で全く目立たないベンチャーばかり、ではなく、むしろ目立たないベンチャーは少数で、こちら側も本気になれる。

指定した条件からイベントを探す