「GD対策」セミナー・イベントを探す

「GD対策」セミナー・イベント

フィルターの条件
全て
GD対策
11件中1〜11件表示
最終更新日:2022/08/15
今週
オンライン
今週
グループディスカッション ジョブカフェSAGA
対象卒年:

2023年卒 既卒(転職)

種別:

就活セミナー

属性:GD対策
グループディスカッション体験を通して流れを理解し実践で使える技法やフレーズを持ち帰りましょう。
◯“たった1日で” グループディスカッション無双になれる対策イベント『デアイバ』 『デアイバ』で“GDが落ちなくなる”3つのポイント 1.最大10題のGDを実践!場数を踏んで自信が持てる イベント当日は、グループディスカッションを最大10題のお題で実践。 対面の選考はどうしても何度も経験して慣れることが重要です。1日のうちに、こんなにも実践できるイベントはなかなかありません。 「デアイバ」で場数を踏むことで自信が付き、グループディスカッションへの恐怖心がほぼなくなります!   2.人事が直接評価!本選考の空気感を体感できる 当日は最大15社の人事が参加し、本番同様の空気感のなかでグループディスカッションを体感できます。 お題ごとに人事から直接フィードバックを受ける時間を設けているため、人事からの視点であなたの実際の評価を直接聞くことも可能。 その場で改善と実践を繰り返し、グループディスカッションスキルが確実に身に付きます。   3.分析シートであなたの強みなど細かい評価が分かるから、表現力が身につく イベント終了後には、あなたの総合評価をレーダーチャートとタイプ別診断でお伝えします。 「論理性」「統率力(リーダーシップ)」「協調性(コミュニケーション力)」「発信力」や、動物に例えて、あなたの長所・短所、他者からの視点での評価が分かります。 自己分析や友人同士の他己分析では見つけられなかった「新たな自分」が見つかり、選考本番で「自分をどのように表現すれば良いか」などの方針も明確になるはずです。   ◯企業からのオファーで早期内定が狙える! イベント当日に参加する企業から直接オファーがもらえることも! 既に参加した多くの学生は1人あたり平均1〜2社のオファーを獲得しています。

ベンチャーから大手まで約20社とのオファーによるマッチングイベント。毎月土日に開催され、夏や秋は連続する土曜2日間参加で1セクション、または連続する日曜2日間で1セクションだったが、冬や春は短日でも良いようだ。毎回参加する企業は異なる。私の時は、シーナッツ、TKP、NTTDATA、イードア、公文、東京海上保険、凸版印刷、JCB、レイスグループ、ゼンショーHD、dip、いえらぶ、世田谷食品等が参加していた。 1社につき社員3〜5名で、ほぼ3名だった。人事や人事部長、社長が参加する企業もあった。各テーブルに座る学生は6〜5名。広い会場で20題のGWを8分タームでやりまくる。各お題につき最大2社(ほぼ1社ずつ)の人事が同じテーブルに座り、評価を行う。彼らにはiPadが配られており、画面を除くと私たちの顔と名前、オファーするかしないかのボタンが映っていた。恐らくタップすると、事前に提出した履歴書や自己PR、ガクチカが映ると予想する。デアイバの事前の連絡では、お題の内容は本番の就活に出るような内容、とあったが、実際にこなしたお題は「結婚するならどんな人がいいか」「今年のハロウィンの仮装は何にするか」等、優しいものが多かった。中には「学祭で出店するお店は何がいいか」「子供を私立、公立どちらの小学校に通わせるか」「(偉人の言葉)とあるが、どういう意味か」等、実際にありそうなお題もあった。オファーはもらいやすいイベントで、参加する企業のレベルも満足している。業界内で全く目立たないベンチャーばかり、ではなく、むしろ目立たないベンチャーは少数で、こちら側も本気になれる。

面接対策・GD対策が実戦形式でできる「JOBRASS チャレンジ」   複数社の業界研究とグループ面接を同時体験! 人事担当者から直接アドバイスをもらえる体験型イベント。    まだ志望業界・企業を絞れていないという方も、対策をしながら目指す企業がきっと見つかるはず!     <こんな方におすすめ> ・就活を初めて2ヶ月未満の方 ・面接対策・GD対策に自信がない方 ・解禁前に少しでも差を付けたい方
◯“たった1日で” グループディスカッション無双になれる対策イベント『デアイバ』 『デアイバ』で“GDが落ちなくなる”3つのポイント 1.最大10題のGDを実践!場数を踏んで自信が持てる イベント当日は、グループディスカッションを最大10題のお題で実践。 対面の選考はどうしても何度も経験して慣れることが重要です。1日のうちに、こんなにも実践できるイベントはなかなかありません。 「デアイバ」で場数を踏むことで自信が付き、グループディスカッションへの恐怖心がほぼなくなります!   2.人事が直接評価!本選考の空気感を体感できる 当日は最大15社の人事が参加し、本番同様の空気感のなかでグループディスカッションを体感できます。 お題ごとに人事から直接フィードバックを受ける時間を設けているため、人事からの視点であなたの実際の評価を直接聞くことも可能。 その場で改善と実践を繰り返し、グループディスカッションスキルが確実に身に付きます。   3.分析シートであなたの強みなど細かい評価が分かるから、表現力が身につく イベント終了後には、あなたの総合評価をレーダーチャートとタイプ別診断でお伝えします。 「論理性」「統率力(リーダーシップ)」「協調性(コミュニケーション力)」「発信力」や、動物に例えて、あなたの長所・短所、他者からの視点での評価が分かります。 自己分析や友人同士の他己分析では見つけられなかった「新たな自分」が見つかり、選考本番で「自分をどのように表現すれば良いか」などの方針も明確になるはずです。   ◯企業からのオファーで早期内定が狙える! イベント当日に参加する企業から直接オファーがもらえることも! 既に参加した多くの学生は1人あたり平均1〜2社のオファーを獲得しています。
他の開催日程 : 10/22(土), 10/29(土)
オンライン
「内定シラバス」とは、就活生が、自分の強みを活かせる、自分に合った企業から内定を貰えるよう、 就活の始め方から自己分析、面接対策までを一貫してサポートする少人数セミナーです   【グループディスカッション実践セミナー】 GD対策セミナーでインプットした攻略法を、実際に難関企業で過去出題されたテーマを使って、実践・アウトプットが出来るセミナーです。GDの実践経験を積みたい・フィードバックが欲しいという方におすすめです。
ディベート ちば地域若者サポートステーション
対象卒年:

2023年卒 2024年卒 2025年卒 2026年卒 既卒(転職)

種別:

就活セミナー

属性:GD対策
自分の意見をハッキリ伝える練習をしながら、ある特定のテーマの是非についてみなさんで話し合ってみましょう。
◯グループディスカッションを徹底的に対策できるイベント「デアイバ」 当日は現役の人事も参加! その場でもらえるフィードバックを自分のスキルにできれば、本番で負けなしになれます! さらにイベント中、人事の目に留まれば特別選考ルートに乗れるチャンスも! <このイベントのポイント> ①現役人事相手に本番さながらの練習ができる ②イベント中の実践を通して特別選考オファーがもらえる ③ 事前練習あり!ガイダンスありで安心! GD経験がなくても本番しっかり力を発揮できる

ベンチャーから大手まで約20社とのオファーによるマッチングイベント。毎月土日に開催され、夏や秋は連続する土曜2日間参加で1セクション、または連続する日曜2日間で1セクションだったが、冬や春は短日でも良いようだ。毎回参加する企業は異なる。私の時は、シーナッツ、TKP、NTTDATA、イードア、公文、東京海上保険、凸版印刷、JCB、レイスグループ、ゼンショーHD、dip、いえらぶ、世田谷食品等が参加していた。 1社につき社員3〜5名で、ほぼ3名だった。人事や人事部長、社長が参加する企業もあった。各テーブルに座る学生は6〜5名。広い会場で20題のGWを8分タームでやりまくる。各お題につき最大2社(ほぼ1社ずつ)の人事が同じテーブルに座り、評価を行う。彼らにはiPadが配られており、画面を除くと私たちの顔と名前、オファーするかしないかのボタンが映っていた。恐らくタップすると、事前に提出した履歴書や自己PR、ガクチカが映ると予想する。デアイバの事前の連絡では、お題の内容は本番の就活に出るような内容、とあったが、実際にこなしたお題は「結婚するならどんな人がいいか」「今年のハロウィンの仮装は何にするか」等、優しいものが多かった。中には「学祭で出店するお店は何がいいか」「子供を私立、公立どちらの小学校に通わせるか」「(偉人の言葉)とあるが、どういう意味か」等、実際にありそうなお題もあった。オファーはもらいやすいイベントで、参加する企業のレベルも満足している。業界内で全く目立たないベンチャーばかり、ではなく、むしろ目立たないベンチャーは少数で、こちら側も本気になれる。

◯グループディスカッションを徹底的に対策できるイベント「デアイバ」 当日は現役の人事も参加! その場でもらえるフィードバックを自分のスキルにできれば、本番で負けなしになれます! さらにイベント中、人事の目に留まれば特別選考ルートに乗れるチャンスも! <このイベントのポイント> ①現役人事相手に本番さながらの練習ができる ②イベント中の実践を通して特別選考オファーがもらえる ③ 事前練習あり!ガイダンスありで安心! GD経験がなくても本番しっかり力を発揮できる

ベンチャーから大手まで約20社とのオファーによるマッチングイベント。毎月土日に開催され、夏や秋は連続する土曜2日間参加で1セクション、または連続する日曜2日間で1セクションだったが、冬や春は短日でも良いようだ。毎回参加する企業は異なる。私の時は、シーナッツ、TKP、NTTDATA、イードア、公文、東京海上保険、凸版印刷、JCB、レイスグループ、ゼンショーHD、dip、いえらぶ、世田谷食品等が参加していた。 1社につき社員3〜5名で、ほぼ3名だった。人事や人事部長、社長が参加する企業もあった。各テーブルに座る学生は6〜5名。広い会場で20題のGWを8分タームでやりまくる。各お題につき最大2社(ほぼ1社ずつ)の人事が同じテーブルに座り、評価を行う。彼らにはiPadが配られており、画面を除くと私たちの顔と名前、オファーするかしないかのボタンが映っていた。恐らくタップすると、事前に提出した履歴書や自己PR、ガクチカが映ると予想する。デアイバの事前の連絡では、お題の内容は本番の就活に出るような内容、とあったが、実際にこなしたお題は「結婚するならどんな人がいいか」「今年のハロウィンの仮装は何にするか」等、優しいものが多かった。中には「学祭で出店するお店は何がいいか」「子供を私立、公立どちらの小学校に通わせるか」「(偉人の言葉)とあるが、どういう意味か」等、実際にありそうなお題もあった。オファーはもらいやすいイベントで、参加する企業のレベルも満足している。業界内で全く目立たないベンチャーばかり、ではなく、むしろ目立たないベンチャーは少数で、こちら側も本気になれる。

指定した条件からイベントを探す