徳島県移住相談会 / 2019年11月9日(土)

in大阪(徳島市)

全般U・Iターン2020年度卒2021年度卒既卒(転職)就活セミナー
徳島県移住相談会

概要

大阪で、県と県内市町村がコラボし、月1回の相談会を開催しています。
昨年に引き続き、今年度も毎月第2土曜日開催です。
徳島に行かずとも、地域の情報が詳しく聞けるまたとないチャンスです。
県全体の移住については、徳島県の担当者がご相談に応じます。
関西圏にお住まいのみなさま、ぜひお越しください!

イベント詳細

日時

2019年11月9日(土) 10:00 ~ 18:00

※全日程 徳島県も参加
主催
会場

シティプラザ大阪(大阪ふるさと暮らし情報センター)

〒540-0029 大阪府大阪市中央区本町橋2-31

アクセス

地下鉄堺筋線・「堺筋本町」駅  12号・1号出口より徒歩7分

その他
事前予約必要

近くで開催されるおすすめのイベント

森林の仕事ガイダンス
対象年度:

2020年度卒 2021年度卒 2022年度卒 2023年度卒 既卒(転職)

種別:

合同説明会

業界:

農林水産業

森林の仕事ガイダンスは、新たな林業の担い手の確保・育成を目的に、森林・林業に関心を持つ方や就業を考えている方を対象に実施する説明・相談会です。 会場には、県森林組合連合会や新規求人募集のある県内林業事業体が相談ブースを設け、林業作業の内容、各地の林業に関する情報や就業についての説明、参加者からの相談に応じます。
「内定をすぐに欲しい」「試験勉強・卒論・研究にも集中したいから "効率的"に就活をしたい」 そんな方向けの内定支援カウンセリングです。 当社限定の特別選考ルートで面接スキップでいきなり最終面接など、通常の選考よりも手間を省いて効率的に内定獲得をサポートします。 7月に入り、内定辞退による「欠員枠」、「夏採用」や「二次募集」も狙える今の時期がチャンスです。 優良企業に早期内定したい方必見です!
マツヤマカフェ
対象年度:

2020年度卒 2021年度卒 2022年度卒 2023年度卒

種別:

就活セミナー

就活生必見!松山へUターン就職をしませんか??「マツヤマカフェ」を東京と大阪で開催します! 東京、大阪で就活中の学生さん!松山にUターン就職しませんか? Uターン就職を支援するため「Uターン就職希望学生と若手社会人との交流会(マツヤマカフェ)」を開催します!参加者、絶賛募集中です! 参加費はもちろん無料です。Uターン就職成功の秘訣をお伝えする講座をはじめ、松山市内の企業の若手社会人の皆さんと気兼ねなく交流できる機会です。就活で悩んでいることや、仕事をするうえでの疑問など、ドシドシ聞いてみてください! そして、具体的に帰ろうと決めていなくても、松山にどんな企業があるか、いまいちよくわからないという人もこの機会に、松山の企業について知ってみませんか?? 松山出身の学生さんだけではなく、松山への就職に興味のある方なら誰でも参加OKなので、お友達や就活仲間とお誘いあわせの上、是非ご参加ください。
▼企画概要文章 ◇こんな方にオススメ! ・周りよりも遅れていて焦っている ・何からしたらいいか分からない ・合説に行ったきりで何も出来ていない ・どの説明会に参加したらいいのか分からない ・やりたいことが見つからない ・面接がなかなか通らない ・ES選考がなかなか通らない ・内定をもらったもののそこに決めていいのか分からない 上記の悩みや不安、お持ちではないでしょうか。 1つでも該当するのであれば一度その思いをプロのカウンセラーにぶつけてみませんか? マンツーマンでみっちりと面談を行うことで悩みを解決し、納得のいく就職活動を行うことが出来ます。 不安・悩みを解消したい方はページ下の方にある参加申込フォームから予約をしましょう!
他の開催日程 : 10/29(火), 10/31(木),
インターンシップ選考でも年々増加傾向にあるグループディスカッション。 人気難関企業ではグループで1名しか通過できないことも多数。 そんな狭き門である選考を全戦全勝で勝ち抜いてきた先輩たちが、こっそり参加していたグループディスカッション形式の就活イベントがあるのを知っていますか? 選考突破の秘訣は「問題別解法パターンの理解」と「多量の実戦経験」。 その両方が一気に獲得できて参加費無料! さらに、その後の面接選考対策・早期内定にも繋がる日本最大級のスカウト型就活イベント「出会いの場」。 出遅れないで!既に2020卒向けイベントは始まっています!
Female icon

ベンチャーから大手まで約20社とのオファーによるマッチングイベント。毎月土日に開催され、夏や秋は連続する土曜2日間参加で1セクション、または連続する日曜2日間で1セクションだったが、冬や春は短日でも良いようだ。毎回参加する企業は異なる。私の時は、シーナッツ、TKP、NTTDATA、イードア、公文、東京海上保険、凸版印刷、JCB、レイスグループ、ゼンショーHD、dip、いえらぶ、世田谷食品等が参加していた。 1社につき社員3〜5名で、ほぼ3名だった。人事や人事部長、社長が参加する企業もあった。各テーブルに座る学生は6〜5名。広い会場で20題のGWを8分タームでやりまくる。各お題につき最大2社(ほぼ1社ずつ)の人事が同じテーブルに座り、評価を行う。彼らにはiPadが配られており、画面を除くと私たちの顔と名前、オファーするかしないかのボタンが映っていた。恐らくタップすると、事前に提出した履歴書や自己PR、ガクチカが映ると予想する。デアイバの事前の連絡では、お題の内容は本番の就活に出るような内容、とあったが、実際にこなしたお題は「結婚するならどんな人がいいか」「今年のハロウィンの仮装は何にするか」等、優しいものが多かった。中には「学祭で出店するお店は何がいいか」「子供を私立、公立どちらの小学校に通わせるか」「(偉人の言葉)とあるが、どういう意味か」等、実際にありそうなお題もあった。オファーはもらいやすいイベントで、参加する企業のレベルも満足している。業界内で全く目立たないベンチャーばかり、ではなく、むしろ目立たないベンチャーは少数で、こちら側も本気になれる。

指定した条件からイベントを探す