どう?就活 自分と仕事の出会い方

会社ってなに?

どう?就活 自分と仕事の出会い方

概要

進学・サークル・恋愛・家族のこと、いろんなことが忙しい10代~20代。この時期だれでも必ず一度は直面する悩み、それは「自分の未来」について考えること。「何になりたいか分からない」「どんなふうに自分をいかしていけばいい?」「何のために働くんだろう?」など、将来について漠然とした不安や疑問を抱いたまま、いわゆる《就活》がはじまって戸惑っている人も多いかもしれません。
このイベントは、働き方研究家の西村佳哲さんやゲストとともに「働き方・生き方」「仕事との出会い方」について考えるセミナーです。いろんなゲストや参加者同士の対話から、それぞれの「自分の未来」について、もっと柔軟で多様な可能性を見つけるきっかけとなることを願っています。

【ファシリテーター】
西村佳哲
1964年 東京生まれ。リビングワールド代表。働き方研究家。つくる・書く・教える、大きく3つの領域で働く。東京と徳島県神山町に居住。デザインプランニングやワークショップの仕事を重ねながら、近年は一般社団法人神山つなぐ公社の理事として「まちを将来世代につなぐプロジェクト」にたずさわる。著書に『自分の仕事をつくる』『自分をいかして生きる』(ちくま文庫)や、『一緒に冒険をする』(弘文堂)など。最終学歴は武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科。あやうく留年しかけた流れの先で、某大手ゼネコンに入社。30歳で独立し、現在に至る。

●12月5日(日)会社ってなに?
【ゲスト】
東野華南子
1986年 埼玉生まれ。中央大学文学部卒。大手カフェチェーンの店長、ゲストハウスでの女将を経て、2014年から東野唯史氏と空間デザインユニット「medicala」をスタート。旅先のポートランドで訪れた古材住宅資材販売ショップ「Re Building Center」に感銘を受け、許可を得て同名のお店を諏訪市にオープン(2016)。「REBUILD NEW CULTURE」を掲げる同社には、現在14名のスタッフを軸に多くの人がかかわっている。古材を循環させるリサイクルショップのあらたな業態開発と同時に、働く一人ひとりの人生に息を吹き込む仕事場として、無数の工夫や愛情が注がれているように見える。
 
団 遊
1974年 京都生まれ。商業ライターとして活躍したのち、27歳で「世の中を編集する」アソブロック株式会社を設立。同社は業務実績だけでなく、「複業必須」「出社義務なし」「ギャラ自己申告制」などの就労制度でも注目を集めているが、応募も内定も二人一組。片方が採用基準を満たせばともに採用。片方が辞退したらともに辞退という「コンビ採用」を試みた年もあるとか。一般的な企業との違いは、「会社とはなにか?」という価値観の違いから生まれているはず。サイトの求人ページには、「個人が持つワークビジョンや、ライフビジョンの実現に向けて、何かしらの力になりたいと願うインフラです」とある。詳しく聞いてみましょう。

イベント詳細

日時

2021年12月5日(日) 13:00 ~ 18:30

参加費
1000円
会場

キャロットタワー

〒154-0004 世田谷区太子堂4丁目1−1

アクセス

東急田園都市線・世田谷線三軒茶屋駅 直結

服装

自由

その他

※定員30名:申込抽選となります

近くで開催されるおすすめのイベント

「就職力up!」は全10日間の短期集中型プログラムです。 就職活動をしていく中で感じる、「身につけておきたいな」「出来るようになりたいな」を5つのup!で実現します。
若者を積極的に採用したい4社が参加します。企業の特徴・仕事内容・やりがいなどの「リアルな話」を聞いたり、質問ができます。交流を通して、応募したい企業を見つけましょう。
経験豊かなキャリアカウンセラーが、きめ細かく丁寧に相談にのります。 応募書類の添削や面接練習もOKです。 お気軽にお問い合わせください!
注目
◯内定ゼロから即日内定が狙える!企業人事との座談会イベント 当イベントは、8社の人事が直接参加。 当日、グループワークや自己PRを実施した後、その場で人事がフィードバックし、参加時間中に内定を狙うことができます。 また、座談会後、リクルーターもサポートに入ります。 友達や社会人の先輩に聞いても、解決できないような不安や悩みを解消しながら就活を進めることもできます。 今すぐ内定が狙えるイベントはそうありませんので、ぜひご予約することをおすすめいたします。
面接室への入室から退室までの一連の動きをビデオに撮って、振り返りを行いながら効果的な面接のトレーニングを実施します。 ※東京わかものハローワークで個別支援を受けている方が対象です。

指定した条件からイベントを探す